[売買・賃貸]千葉県の不動産ならニッコウへkeibai

不動産豆知識

不動産豆知識

HOME > 

「建蔽率(けんぺいりつ)」と「容積率(ようせきりつ)

物件の資料に必ず書いてある「建蔽率」と「容積率」。これは、敷地に対して建築できる建物の大きさの制限を表しています。法令では、条件により緩和等も定められていますが、取り敢えずは基本的な言葉の意味を覚えましょう。

法令上の制限

建築基準法では、敷地に対する建物の大きさの制限を定めています。「建蔽率(けんぺいりつ)」と「容積率(ようせきりつ)」です。どちらにも、条件により緩和措置も定められていますが、そこまでは話が長くなりすぎるので、基本的な考え方だけ書きます。
image 敷地に対する建築面積の割合
建築面積とは、「建物の水平投影面積」です。ようするに「建物を真上から見たときの、外壁(又は柱等)で囲まれた面積」です。

例えば、建蔽率が60%に定められた地域では、200m²の敷地に対しては、建築面積は200m²×60%=120m²を超えて建築することはできません。
image 敷地に対する延床面積の割合
延床面積とは「建物全体の各階の床面積の合計」です。1階床面積60m²・2階床面積50m²・3階床面積20m²の3階建ての建物なら60m²+50m²+20m²で130㎡が述べ床面積になります。

例えば、容積率が200%に定められた地域では、200m²の敷地に対して延床面積は 200m²×200%=400m²を超えて建築することは出来ません。
この「建蔽率」「容積率」の割合は、「高いほど良い」のでしょうか?
確かに「宅地の有効利用」という面では、高い方が良いでしょう。ただし「住環境」として考えた場合は、「建蔽率・容積率が高い→中・高層の建物が密集して建つ→日照・通風が損なわれる。防災面でも危険度が高い」と、なりますので、一般住宅をお考えでしたら建蔽率・容積率の「低い」地域の方が適しているでしょう。
ページ先頭へ戻る